休息に入ります


ここをはじめて5年と半年が過ぎた

日々外に生きる猫達に接し彼ら彼女らから多くのことを教わった

人間界の狭間に細々と生き乍らも

何故かその生き様は主導権を?握っているであろう人間達よりも逞しくそして強く

持つ心は僕ら人間よりも遥かに優しく命の尊さを確と感じ乍ら生きている



現代社会は戦後の高度経済成長期を期に様々な文明の利器が生まれ

日に日に生活は便利が優れる様になり 

僕が幼少時分に憧れたアメリカの様な未来的?な生活が手に入り豊かと成った

反面 その豊かであろう筈の生活乍ら生きる人々にも変化が訪れ

心を何処かに置き忘れてしまったのかな?と思ってしまうほどのモラルの低下と

自分さえ良ければと薄情な世の中に成ってしまったと私的に痛感する

今の若者は!と僕自身若かろう時代によく言われたものだが

いやいや!小さな子供から大の大人を含めて全てに当てはまる事だと感じる

こんな話をしている僕自身もどこかで後ろ指を指され

「あのおやじは!」と言われているかもしれない 

僕を含めて 今を生きる人間達がイマイチド己をよく知る事から始め

生活豊かで心も豊かとは少々欲張りだが?

命ある者としてせめて心だけは豊かでいたいと切に感じる今日この頃である

 

猫達の姿をご紹介し その生き様から少しでも心の隙間を埋められないか?

先ずは生きることが日々の目標である俗に言う『野良猫』達から

勇気や元気 そして純粋な心からにじみ出る真の優しさ

写真と言う媒体に力を借りて努力して来ましたが 

正直なお話ここに来て壁にぶち当たった

21の時にカメラを持ちはじめ この様な経験が無いわけではないが

これも自分の表現力や手法の愚かなところとそう感じております



巷は一時期を思えば外猫写真ブームも低迷気味ではあるが

それでもまだまだ伸びているのかな?

他所様を覗くとあれ機材だあれ僕はと主役である筈の外猫達の話があまり無い

表情の数は人と比べれば劣るだろうが 猫達決して少なくない

それぞれ各々の子が色んな表情を見せてくれてそこにはたくさんの感情が見れる

これを引き出し 姿形は違うけど心のある生きものに違いは無い事をお見せしたかった

でも今は無理な様な気がし しばらくのあいだお休みしようと思う

カメラ機材や自分の話は敢えてここでは避けて来たのだけどそれに変わりは無い

もっともっと猫達を見て何かを感じて頂き

ここを訪れる方々が幸せな方へ進んでくれればと思います

が それには僕自身休息と時間が必要と痛感している次第です




梅雨も後半に入り毎日暑い日が少しづつ訪れはじめました

季節がら雷雨や猛暑と自然の脅威は計り知れませんが

皆様 呉々もお身体を大事に 

そして災害等事故に遭いません様心よりお祈り申し上げます


次の更新は一夏後か はたまた猫さん仕込みの気まぐれで10日後か分かりませんが

更新を見つけた時には「あの野郎〜また始めやがった!!!」

と素見しのひとつでも頂ければ光栄です



かげたろう 「すもも」さんが寝ている様に休息に入ります
f0011273_1502776.jpg


勝手な振る舞いをお許し下さい それでは皆様ごきげんよう
Top▲ | by kagetarophotolife | 2011-07-05 15:03 | ごあいさつ
<< 馬鹿野郎がもどりました | pagetop | みなと慕情 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin