馬鹿野郎がもどりました
性懲りもなく PCの前に座りこのエントリーを書いております
更新をお休みしてからもう少しで一ヶ月に成るのですが
その間どこの誰だか分からない 多分?我が師と仰いだであろう方との
心の会話 いやいや説教とでも言うのだろうかそれが続いた

「お前さん何を悩んでるの?」
「いや、、、別に悩んでは居ないよ、、、」
「そんじゃ何故?更新を止めた??」
「このところ思うように表現が出来なくて、全く説得力に欠ける写真量産さ、、、」
「それって、態々歩みを止めるほどの大きな問題か?」
「・・・・・そう感じるけど、、、、何か間違ってるかな、、、」
「間違っては居ないだろうが、時間は待ったなしに進んでるのには気が付いてるか?」
「・・・・・・・・・・・・・・その通りだけど・・・」

「猫達は元気にしてるのか?」
「日課だから通い続けてそのことだけは怠らないようにしてる」

「そんな毎日の中、凄くいい顔見せてくれるときは無いかい?」
「お前さんが心惹かれた切っ掛けって何だろう?それを忘れていないか」
「歩みを止めずに前へ前へ進む者を追いかけるその魂は燃え尽きたのか?」
「それならば致し方ないが、僅かにでもその灯りが点っているのならば前へ進め!」
「相手は待ってはくれないぞ〜そして時の流れもな」

ある晩に今は亡き大きな存在者が夢枕に立った
「写真とは被写体との心の会話」
「ファインダーを覗き、その相手との波長が合ったときにレリーズして語り続けろ」
「会話が出来たとき 必ずその瞬間を写し込むことが出来る 必ずだよ」
そう話しながら満面の笑みで僕を見つめるその瞳を久しぶりに見た、、、気がする
と言うことは、、、、、僕の方から会話しなくて何になる?

おいおい!かげたろう目を覚ませ 語り続けろ被写体を心から愛し続けろと


f0011273_22524549.jpg

f0011273_2253980.jpg

f0011273_22533448.jpg

f0011273_22535128.jpg

f0011273_22541780.jpg

f0011273_22544288.jpg

f0011273_2256035.jpg

f0011273_22572827.jpg

f0011273_22575870.jpg

f0011273_22584134.jpg

f0011273_22593756.jpg


そうだその通り

歩みを止めずに前へ進むことがこの子達に接する僕自身の定め

甘ったれた心へ一喝入れて前へ一歩踏み出します

仲間達のすばらしい姿を求めて



皆様 また宜しくお願い致します

あっ!猫さん達をそっと褒めてあげて下さい

僕には「また始めやがって!!この馬鹿野郎〜〜」とお願いします(笑
Top▲ | by kagetarophotolife | 2011-08-01 00:35 | 遠くの猫
<< 暑中お見舞い申し上げます | pagetop | 休息に入ります >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin