ウミネコ達のこれから
小さな姿を見つけ様子を暫く窺っていると居た居た

その姿の中に必ず好奇心旺盛で身体も皆より少しだけ大きくって

何かに付け先ず最初とばかりに先頭に立つ子

仔猫達の集団にも僅か乍らも序列があり長男坊的存在の行動を見ると

傍に寄れるか否かが分かるんだ


前エントリーの時に後から出て来た鼻に黒い模様の背後で胸張る子
f0011273_1411863.jpg
その大きさと堂々と振る舞う仕草からもこの子が一番のお兄さんと言ったところか


最初はこ〜んな感じで遠目に様子をうかがい警戒していたこの子も
f0011273_148204.jpg

先ほど兄の傍に居て大丈夫にゃ!と確信してくれたのか?
f0011273_1505554.jpg
お澄まし顔で決めポーズである

こ〜んな調子でそれぞれが僕の前に出ては下がり僕が下がれば前に来る
なんとも出たり引っ込んだりと忙しいが少しづつ心の会話である
f0011273_1541316.jpg

f0011273_1551734.jpg

f0011273_156354.jpg

f0011273_1575395.jpg

f0011273_158579.jpg

f0011273_1591295.jpg

f0011273_159324.jpg

f0011273_20364.jpg
ちょうどこの姿を写した辺りから上空を鳶が旋回しはじめた
変に目立ち仔猫の存在を察すられると拙いなと言うことでここを後にするわけだが
鳶を警戒してなのか?父親らしき大きなシロ猫が現れ 
それと同時に母親「ジュニア」も仔猫達の傍に付く守りの行動であろうか顔つきが変わる
f0011273_252719.jpg
何とも言えない家族愛を見て心がほっこりとしてしまった
港側 町側の子達それぞれのこれからを出来る限り足を運び見届けて行こうと思う



猫の家族達の先行きにエールを送り乍ら
姿を見れなかったいつもの奴のことがどうしても気になり港へ
その途中でまたまたはじめての子と遭遇した
f0011273_2174827.jpg

f0011273_218239.jpg

f0011273_2181860.jpg
この子も加工場で世話になっている様子で
その加工場の男性が姿を現したら「腹へったニャ〜〜」なのか催促である^^


そんなこんなで港へ着けば アハハ居るじゃないいつものこ奴
f0011273_2215455.jpg

f0011273_2222733.jpg

f0011273_2224321.jpg

f0011273_223280.jpg

f0011273_2231837.jpg

f0011273_2234780.jpg

f0011273_2242191.jpg
「港のまりゅ」久しぶりの再会にまたまた安堵である

f0011273_2251362.jpg
そしてこ奴「ごんた」率いるウミネコ達の先行き安泰にもエールを送る

お前さん達良い旅だったよありがとう そしてまた来るよ


( α77 16-50mm F2.8 50mm F1.4 )
Top▲ | by kagetaroPhotolife | 2011-10-23 02:33 | 遠くの猫
<< いつまでもどこまでも | pagetop | ウミネコ達のいま >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin