ウミネコふたり

昨日ウミネコ達の生きる港へ


姿を消し丸二年が過ぎた港のボス猫

彼を可愛がっていた漁師さんの心も漸く落ち着きを取り戻したので

彼の在りし日の姿を大きくプリント額装しお渡しする約束が有ったのと

僕のブログでは比較的多くの姿をご紹介していた 

『港のぶーちゃん』とか『港のまりゅ』などとよんでいた子

彼女 実のところ2月から姿を突如と消しその消息を探していたところ

とある情報を得ることが出来た

この界隈でボランティアをする某氏が扁平上皮癌ではないかの疑いから病院へ運び

その後検査と手術を施し病院の環境にも慣れ 少しづつ回復へ向かっていたのですが

その矢先に突如腎不全をおこし2月25日に帰らぬ身となった、、、、、

彼女を可愛がっていたもうひとりの漁師さんへ安否の報告と彼女の姿もプリント額装し

お渡しする目的で出掛けて来た


ボス猫の消息は未だ確認することが出来ていないが彼の心は生きつづけています
f0011273_1774437.jpg



『港のまりゅ』安らかに
f0011273_1784890.jpg

君たちの魂は永遠なり

ウミネコふたり ありがとう



( この日のウミネコ達の姿は明日以降にご紹介します <(_ _)> )
Top▲ | by kagetaroPhotolife | 2012-05-27 17:13 | 遠くの猫
<< 素敵な時間のはじまり | pagetop | 朝は尚のこと早い >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin