梅雨の中休み?

梅雨入りと思えば 早くも『梅雨の中休み』なのかなぁ?

予報は昼頃からのお日様マークが顔を見せてる

思い立ったときが吉日と慌ててウミネコ達の地へと向かった


気温が控え目で 流れる風がヒヤッと感じるここ数日

猫さん達の行動は外気温に合わせるのが鉄則

この中休みは?海風ながれるお日様の下が絶好の猫さん的お寛ぎ空間となっていた 


前回 前々回でご紹介した若猫

名前はまだにゃい状態で 

呼ぶ時に「お〜い」とか「ちびすけ」とかその時々で定まらないのも少々心苦しく

色々と考えた結果 彼の性格はかなり頑固な部分が少なくないから

僕は「 がんちゃん 」と呼ぶことにした

これもヒトの勝手な行動であることに違いは無いのだが

そう呼ぶ方が何となく心がまた一歩近づけた気がするのだ お許し有れ
f0011273_11431413.jpg



「がんちゃん」が付かず離れずの距離で慕う「ウパ子」
f0011273_11464734.jpg

ここの漁港前のバス停裏で生まれここで育だったこ奴は新入りの面倒見が良いのであろう

因に何故に?「ウパ子」かと言えば 
ウーパールーパーの如くオメメ少し離れているためそれが切っ掛けである お許し有れ



この港でもうひとりの古参猫 「 ごんた 」
f0011273_11532922.jpg

名前は見ての通りのごんたくれからいつしかそう呼ぶ様に成った

暇さえ有れば?喧嘩をして生傷絶えないのは哀しい現実なのだが
雄猫が自然界での猫社会を生きぬく上での宿命か
まぁ 深い傷を負う様なことが無いか常日頃から漁師達が目を光らせていることが
ある意味安心材料である



町側で出逢った「 ジュニア 」母さんの子達も大きく逞しく育ってる
この子達のテリトリーの鮮魚加工業者の方々が日々気に掛けてくれて居る
呼び名もそれぞれの様で だから僕は敢えて特定の名で呼んでは居ないのだ
f0011273_1292519.jpg

f0011273_1295816.jpg

f0011273_1210158.jpg


あっ! この子だけはお顔がマツジュンに似てるので?
f0011273_12103658.jpg
時々そう呼んでいる お許し有れ ^^?


突然の思いつきから始まったウミネコ曜日

11時の到着から日没後の19過ぎまでの長丁場に成り

あと数回?エントリー出来るほど姿を写させて頂きました

長〜〜くダラダラと僕がつまらぬ話をするのもなんですので

次回はキャプションを外しての画像だけでご紹介します お許し有れ



ウミネコ達 ワイルドだぜぇ〜〜〜〜
Top▲ | by kagetaroPhotolife | 2012-06-14 12:22 | 遠くの猫
<< ウミネコ時間 | pagetop | 梅雨空のはじまり >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin