律儀な奴ら

ウミネコ達の様々な過ごし方をこの眼で拝見するには

日の出早々からの数時間では無理が有るのは承知の助だが

お日様の元気さと若猫の勢いに負け?

チョと休もうかなぁ〜〜と港に腰を下ろした

するとひとりまたひとりと舟の下や草葉の陰へと移動しはじめる

ははぁ〜〜 暑いのは僕だけじゃないのね^^v と変な?安心をした

それとここだけの話ではなく僕のご近所さん達でも思う事があるのだが

知る顔の人間 (ここやご近所さんで言うところの僕のこと)

が歩いたり気を惹いたり近くでウロウロとすれば

外猫さんは無理をしてでも?付き合ってくれる律義な奴が存在する

少々暑かろうが寒かろうがお構いなしに傍に居る

過ごし易い季節ならば大歓迎なのだが

暑さ寒さの厳しい時は無理をしないで楽なところに移動すれば と思う

少し距離が離れた船の作る影へ逃げ乍ら様子を見ると あっ!良かったぁ〜〜

それぞれが過ごし易い場へと逃げ込みはじめた 

そ〜〜んな姿を見届けるのも大切な事なのだと かげたろうは自己満足に耽るのです^^

 
f0011273_18224568.jpg




f0011273_18232963.jpg




f0011273_18234677.jpg




f0011273_1824329.jpg



次にここへ来れるのはいつに成るかまだ分からないけど

出来る限り足を運ぶからね 

ウミネコ達! また来るよ!! ありがとう
Top▲ | by kagetaroPhotolife | 2012-09-05 00:01 | 遠くの猫
<< 『 眼 』 | pagetop | 『 ぼく元気ニャ!! 』 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin