『 良い歳のとり方 』

ウミネコ達の地に生きる人々の平均年齢は至極高く

言い方は悪くなるが じいさん ばあさんがその大半を占める

でもそれが逆に生活をのんびりとさせおなじ命在るもの同士の絆を深めてると思う

お年寄り世代は生きて来た道のりがそれはそれは厳しい環境が少なく無く

遠い過去に良く言われた?

他人の痛みを分かりなさいを地で育んできたのであろうその優しさがにじみ出てる


ここでは俺でさえ未だ未だ若造の部類だよと52歳の馴染みの漁師は言う

高齢化社会で生活にそれぞれの問題が生まれるが

それをも吹き飛ばすような元気なスーパーじいさんばあさんと間近で接していると

ここに生きる人々は皆『 良い歳のとり方 』をしてるなぁ〜と思う

共存しているウミネコ達もこのところだけは真似ているのかもしれないなぁ〜

f0011273_18295014.jpg


f0011273_183028.jpg


f0011273_18301536.jpg


f0011273_18302851.jpg


f0011273_18304569.jpg


f0011273_1831014.jpg


f0011273_1831127.jpg


f0011273_1831216.jpg


f0011273_18313319.jpg


今年の春に初めて対面したときまだ仔猫だった『 がんちゃん 』

ひさしぶりに見た彼の顔は既におとなの顔へと変わっていた

横に寄り添うは路頭に迷う彼を支えた長老さん

頑固者の『 がんちゃん 』

お年寄りを倣い乍ら『 良い歳のとり方 』をしてくれることと期待したい

ウミネコ達 また来るね
Top▲ | by kagetaroPhotolife | 2012-12-04 18:42 | 遠くの猫
<< バランスとタイミングが良いなぁ | pagetop | 町ウミネコ >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin