「ぽんた」 生きろ!
海のねこ達のエントリー少し長めで 一週間と成り

かげたろうの我が侭にお付き合い頂きありがとうございます<(_ _)>

また次回出向いた時にまた多くの姿をお見せ出来ればと思います

海のねこ達のエントリーの度に良くご紹介する「ぽんた」

外の世界も知らず 右も左も分からず浜に置かれ2度目の冬を越すことが出来た

出会いの当初はヒトもここに居る先猫達も全てが恐怖の対象であり

草むらや物陰に隠れほとんど姿など見せてはくれない状態で

逃げ隠れするその姿を見れば

自分の置かれた現実すら理解するに難しかっただろうと容易に想像がつきました

少しづつ勇気を出して先猫達の後に続ければと淡い期待を持ち続け

今は亡き最長老の足元に絡み付く様に闊歩しはじめた姿を見た時

それはそれは嬉しくてホッとした記憶もつい先日の様な気が致します

そんな小さな仔猫が今では若猫と成り 似た様な大きさの弟子を従え

少しドヤ顔している様な面持ちで凛々逞しく胸を張る姿を見れた事嬉しく感じています

浜の猫社会は自然環境だけでなく他地域の猫達との関係も過酷です

今の様子では遠い将来ボスの座を掛けて競い合う事もあるかもしれない

出来ればそのような争いには参加せずに居てくれればと思うのだけど

だからと言ってヒトが入っては成らない領域

一日でも長生きしてくれる事切に願いながら通い続けて行きます



海のねこ達この小さな若猫を助けそして皆が安心していられる今を永遠に
f0011273_0393995.jpg


また来るね!
Top▲ | by kagetaroPhotolife | 2015-03-20 00:47 | 遠くの猫
<< お寛ぎ週間継続中ですニャ! | pagetop | 一冬の変化 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin