<   2006年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
時間よ止まれ
先日の願いが叶ったみたいなポカポカ日曜日になった

お日様が昇ると猫達もそれぞれ自分のお気に入りの場所に現れて来ました

此の所、観ていて気が付いたのは何だか指定席があるみたい?です

決って同じ場所で暖かな日を浴びてお昼寝  落ち着く場所なんですね ここ

僕がカメラを向けてもおかまい無しでグーグー中には寝息の聞こえる子まで居る始末

心落ち着くひと時を大切にしているこの子達の姿を見ていて愛しく感じました

日が落ちて闇の時間が訪れれば心には緊張の糸が張り巡らされ

体には容赦なく冬の寒さが襲いかかります

きっと今が一番安心して居られるひと時なのかもしれません

時間よ止まれ....この時をいつまでも
f0011273_19452838.jpg

f0011273_19454834.jpg

f0011273_1946522.jpg





ず〜と姿を現さなかったマスクママが後からやって来た

親離れは既に終わっているのですが夏生まれの子猫はまだまだ甘えん坊です

空かさず近くに走りよって「ママ!おっぱい!!」

僕はどう言う態度をとるか興味が湧いた

半ば心の中では叱って追いやるかなあ〜と諦めもあり

どうかなあ?大丈夫かなあ??なんて

するとマスクママは優しく受け入れている

僕は微笑ましいこの光景にも心が和んだ

中々やるじゃない!お前達のママは世界一だよ・・・・
f0011273_2012868.jpg





コチビも子猫達を見守る様に姿を現しました

春生まれとは思えない程の成長ぶりに僕はよく驚いています

子猫を可愛がる姿はまるで父親のような優しい心の持ち主

違う縄張りの猫達が現れれば厳しい心を持って立ち向かったりと

まだ生まれて一年に満たないとは思えないんです....この子
f0011273_20123843.jpg

f0011273_20125613.jpg





寝息を立ててた子

自分達に危害を与えない人間とそうで無い人間を見極める術を

しっかりと持っているので安心はしているのですが爆睡は拙いよ〜チビく〜ん
f0011273_20193946.jpg


半日程ここに居てこの子達と同じ様にのんびりとした時間を過ごす事が出来た

幸い猫嫌いな方も現れる事無く幸せなひとときだったに違いない

それとこの子達を見かけて心優しく接してくる方も現れて

人と猫の共存が当たり前の様にあった過去を懐かしく思った・・・・・・・・
Top▲ | by kagetarophotolife | 2006-01-29 20:33 | ご近所猫
春よ来い...早く来い。
お日様の暖かい日は有り難い

冬真っ盛りなのに今日の日向はまるで春が来たみたいな心穏やかになる優しい陽射し

僕は出かけ前に「皆、日向に出て来て冷えた体を温めているだろうなあ〜」

と勝手な想像を抱きながら支度をしていた

自転車置き場に着くとハハハ!やっぱり!!  

寒くて凍えそうな時の辛そうな表情など欠片も無くて

皆凄く穏やかな落ち着いた感じでお日様の中を微睡んだり

兄弟姉妹戯れあったりと微笑ましくも愛くるしくも有る姿を僕に見せてくれた

僕が彼らの姿を写している最中あの?猫を毛嫌いする婦人が通りかかった

すると猫達は一斉にこの場を後にして距離を置いた

婦人も僕に対してとうとう無愛想な態度に

でも僕の気持ちの中で心乱れる事が起きなかった

自分に対しての天敵をいち早く察知し姿を眩ませて何処かに避難した子猫達

暫くしたらまた僕の居るこの場所に何事も無かったみたいに姿を現し

先程同様にまったりと静かな時間を過ごし始めた

この子達は少し少しながら生きる術を学び成長している

自分たちを目の敵にする人間などに

「するならしてみニャよ!僕たち私達を甘くみニァいほうがいいニャ!!

中には人間さんでも仲良しは居るんだからニャア!!!絶対負けないからニャア!!!」

そんな事を感じているかもなあ〜と思いました

生きるもの皆の心を温かくする春よは〜やくこい!!!
f0011273_14411432.jpg

f0011273_1442172.jpg





暖かな日を浴びてどんな?夢を見ているのだろうこの子達にはここが安心の場な筈
f0011273_14451676.jpg

f0011273_14461058.jpg

f0011273_14475241.jpg

f0011273_14515463.jpg

f0011273_14523517.jpg

f0011273_14525464.jpg

Top▲ | by kagetarophotolife | 2006-01-27 14:54 | ご近所猫
久しぶりの再会
僕には少し気にかかる事が有った

雪の降った週初めから姿を見る事が出来ない子がひとり

最近の厳しい寒さであまり出歩いていないのかと最初の頃は思っていました

でも何日経っても姿が無い

猫好きな人にでも貰われて行ったのなら安心だけど・・・

役所の張り紙の件から僕自身の頭の中でも色々な事を考えてしまう

良い事・悪い事と

「そんなこんなで考えていても埒が明かないかあ〜」

仕事を早めに切り上げて早々いつもの場所へと様子を見に行って来ました

今日の気温は少し暖かくなっていた

でも一時間もこの場所で姿が現れるのを待っていると

足の方から冷え込んで来てたちまち体の温度を奪われて行く

「こんな寒い世界で今を生きて居るんだなあ〜」と猫達の逞しさ辛抱強さを実感しました

寒さに負けてたまるか!

今日は居ない子の姿を見る迄は帰らない決心で来たのだから・・・・・

暫くしてあの母親が姿を現してくれた

もしかして?と期待を僅かに持ち日が落ち始めた頃

元気な子が畑の向こうから小走りに向かって来ました

自転車置き場の前で立ち止まり僕を確認する様に距離を置きました

「チョビ!!」

f0011273_18513586.jpg

僕が呼ぶと分かって居るのか?居ないのか近くに寄って来てくれた

何だか安心したと同時に寒さが急に増した気がしたけど僕の気持ちは温かかった。




f0011273_18575582.jpg

少し見ないうちにまた成長したような凛々しい表情なんです




f0011273_1911424.jpg

冬毛に覆われて観るからに野生児そのもの少し汚れた毛並みが可哀想にも思えた

しばらくの間膝に乗せ冷えた体を撫でて居ると満足してくれたのか?

また小走りに何処かへ行ってしまいました

皆元気にしている・・・心の中で安堵の気持ちが沸くと同時に

守っていく強い気持ちを再認識した  僕の友達だから・・・・
Top▲ | by kagetarophotolife | 2006-01-24 19:24 | ご近所猫
与え勇気の魂...。
昨日一日降り続けた雪が嘘のような朝の陽射し

どうして居るかと様子を見に来てみると居た居た!

自然界で生きる命は強いなあ

僕の心配をよそにこの子達の元気な姿がそこに有りました

積もった雪も強いお日様には勝てずに見る見るうちに溶けてしまい

大地もどんどんと乾いていつもの穏やかな場所を取り戻して来た

ここの子達には初めての雪

輝く無垢な十八の瞳にはどのように映ったのだろうか・・・・

きっと心の中で自分でも気が付かない何かが自信と成って芽生えてくるであろう

兄弟姉妹皆で力を合わせて頑張って生きて行こうね

僕は何事も無かったかの様に無邪気に振る舞う子猫達を見て・・・・・

勇気を分けてもらえた気がした
f0011273_15353530.jpg
f0011273_15361024.jpg
コゲちゃんが雪の上で遊んでた



f0011273_15375455.jpg

ひとしきり遊んだ後はいつもの様に暖かなお日様を浴びてゆっくりと過ごす

猫本来の自然な姿を見ていると色々な事を教えてくれる

人が忘れかけている大事な優しさなんかを・・・・・
Top▲ | by kagetarophotolife | 2006-01-22 15:48 | ご近所猫
雪の舞う日は・・・。
今日東京に雪が降った

ご近所猫達の様子を覗きに行ったけど流石に姿を見る事は出来ませんでした

皆秘密の塒で固まり合いながら寒さを凌いでいるのだろう

心の中で「また来るね!」

早く雪が止み暖かなお日様の注ぐ良い天気になればまた元気な姿も見かけられる

少しでも生きる為の力に成れればと一握りのカリカリを

塒の傍に置きその場を後にした

そう言えば今日はカメラを持たないでここに出向いていたのを後に成って気が付きました

先日のここでの事件が僕の心の中で空回りしているのか?

この子達が・・・・心配です

f0011273_19303631.jpg
f0011273_1932119.jpg

この愛らしい姿を見ていると心和むのです

純粋無垢な透き通った心が大好きだなあ



f0011273_1935554.jpg

春に生まれ元気いっぱい生き抜いて来た コチビ 

自分よりも小さな弟妹達にとって欠かせない存在なんです



f0011273_19394361.jpg

明日はお天気も回復する様ですが積もった雪は直ぐには無くならないだろうなあ?

生まれて初めて体験する雪をどう?感じているのだろうか

訳の分からない白いモノがお空から落ちて来て驚いたかなあ

舐めてみたら冷たくってビックリ!ドッキリ!!そんな光景を連想してしまう

でもこの雪がこの子達初めての体験でもこれから生きて行くにおいて

大きなお勉強の一つであり生きる術をまた一つ習得し強くなった事だと思うと

僕の気持ちも少しは落ちつくことが出来る・・・気がした。
f0011273_1952433.jpg

秘密の塒でもこんな風に寝ることが出来ているのかなあ・・・

この冬の寒さを乗り越えられれば大きな自信もつくだろう

頑張れ僕の小さな友達!!!
Top▲ | by kagetarophotolife | 2006-01-21 19:59 | ご近所猫
猫の生きる環境は....。
とうとう来る時がきてしまいました


ご近所の猫達と近隣住民でのトラブルが起きてしまった

「野良猫を何とかしろ」と苦情を言い続ける方が役所に直談判に出てしまい

市の公害対策部の方からここの猫達に餌を与えるなとの張り紙が・・・・・

この子達を世話していた方々にも通達が来た様で

ともかく大変なことが起きています


僕は写真を写す時に餌などを使って気を惹いたりはしないのですが

撮影に協力してくれた子にはカリカリを十粒お礼に上げています

そんな事も出来ないなんて考えたら哀しさと怒りが込み上げて来てしまいました

確かに猫の糞害や車の上に乗ったりと困っている方々も少なくないのも事実

今迄この子達の残した糞を見つけると綺麗に清掃したり

車に乗っているのを見かけたらそっと下ろしたりと

迷惑がかからないようにしてはいましたが

ともかく猫を嫌いな住民さんは見逃してはくれなかったみたいです

この子達は古くからここの住民な筈

越して来て然程日も古くない住民がこの子達を目の敵にしている事実を

静観は出来そうにない・・・・なぁ


冬に入った頃いつもの自転車置き場でカメラ片手に遊んでもらっている時

住民のおばさんが眉間にしわを寄せてさも嫌そうな態度をとるのを見かけた

僕には凄く愛想が良いのだが....人は見かけによらないのですね

お世話をしている方々も住民の方々とのトラブルが無いように

気を付けながら細心の注意を払っていたのですがダメでした

しばらくの間この子達の姿を写す行為も自重した方が良いのか今迷っています

ここの子達の環境が良く成る様に世話役の方々とも相談しながら頑張ります


僕がたまに訪れるこの場所の様に地域住民に愛される様に・・・・・
f0011273_21425088.jpg
f0011273_2143529.jpg
f0011273_21431919.jpg
f0011273_2143337.jpg
f0011273_21434796.jpg

Top▲ | by kagetarophotolife | 2006-01-19 21:48 | 遠くの猫
永遠の友達に...。
先日お話した、僕が彼らを追いかけ始めるきっかけの場所

始めのころは何処に行けば会えるのかも知らずに

あっちをウロウロこっちをウロウロ

姿を見つけてカメラを向けてみては失敗の繰り返しで色々と試行錯誤の連続だった


僕が気の合う事が出来た子の記念撮影中に他の猫写真撮り愛好家の方が

餌を使って写しているのを見てなんだか空しい気持ちを覚えた事が有りました

僕は何としても餌ではなく僕を認めてもらいたくて近づく方法を色々考えた


自然な姿を...有りの侭で...これが僕の猫写真本来の姿だと

一つのこだわりを持ってここを訪れるうちに気持ちって通じるのか?

何とか猫らしい姿や表情を写す事が少しは出来始めた


通う回数も数重なるうちに覚えてくれたのか?

僕の姿を見つけると近づき鳴きながら歓迎?してくれる子も中には居る

「皆そうなら良いのに」なんて贅沢な願望を持ちながら猫撮りはつづく
f0011273_2149556.jpg

この街の風情にとけ込む様な猫の姿がこの子の存在感を示してくれます

ここはこの子の故郷なんです



f0011273_21533960.jpg

誰が?飼い主とは決ってはいません....でも地域の大切な一員なんです

誰かがそっと着けてくれた赤い鈴....この子にとってはお守りなんです



f0011273_21572816.jpg

最初は近づくと怖い目をして凄く警戒されました

こんな風に「ちゃんと写してね!」と言っているみたいに接することが嬉しく思った



f0011273_2225042.jpg

この子は初めて写す事が出来た子です

姿は見かけるのですが中々上手にはいかなかった

首にお守りを着けている所を見ると....お家が有るのかなあ?



f0011273_2254689.jpg

最初に見かけた頃はまだ小さくて恐がりだったのを覚えています

ここの場所にも慣れる事が出来たみたいで道の真ん中で暖かな日を浴びながらお昼寝



毎回ここを訪れる前に決まって 

「また会える事が出来るかなあ?病気になってないかなあ?怪我などしてないかなあ?」

と脳裏を過ります


僕の勝手な心配なのですが僕にとってこの子達は永遠の友達・・・・・・です
Top▲ | by kagetarophotolife | 2006-01-14 22:20 | 遠くの猫
のんびりと
昨日に引き続き今日もおひさまが優しくて

ここの場所の猫達も貴重な時間を存分に楽しんでいました

猫って暖かい所や涼しい所を良く知っていて人が此処はどうかなあ?

な〜んて考え付く前にちゃ〜んと人より先にその場所に居たりして

特にこの時期おひさまが昇り始めると自分だけが知る暖かな場所に移動して

冷えた体を温めているのには感心してしまいます

土に汚れた冬毛に覆われた小さな体を見ていて可哀想に感じる筈が

自然で生きるこの子達の生命力の強さの証のように感じて逞しく思いました
f0011273_1927584.jpg

f0011273_19272579.jpg

一生懸命に毛繕いをする仕草を見ていると心和んでしまいます

僕がカメラを向けていようがおかまい無しでただ無心に自分の体を綺麗にしていました

一通りの作業?が終わると皆それぞれの自分の時間を楽しんでいました


f0011273_1934119.jpg

ゴロ〜ンとしながら弟や妹の様子を窺っています

春生まれのコチビも兄として大事な存在に

お姉さんのオチビよりも小さな子猫達を可愛がっている姿をよく見かけます




f0011273_19451695.jpg

まだまだ子猫なんだけど胸を張って自信に満ちあふれた表情なんかされてしまうと

僕自身心底参ってしまいます

この子達と知り合えることが出来て本当に良かった!

のんびりと心おきなくおひさまの温もりを楽しんでくださいね
Top▲ | by kagetarophotolife | 2006-01-09 19:53 | ご近所猫
おひさまバンザ〜イ
今日の東京は久しぶりに暖かく感じた

最近は寒波の影響で戦後始まって以来の寒い冬が続き

ここの猫達も辛い毎日を送っていた

おひさまの暖かさがさぞありがたく思えているんだろう

皆一様に集まってはそれぞれ日光浴を楽しんでいました

日が落ちるまでの貴重なおひさま

夜になればまた厳しい世界の待っているこの子達に

思う存分暖かさを与えてください
f0011273_1451368.jpg


f0011273_14523434.jpg




自分の影で遊んでいます

寒かった毎日 ここで遊ぶ姿もあまり見かけなかったけど

おひさまイッパイのときは心の余裕が仕草に現れます
f0011273_14582286.jpg




気持ちが良いんです一生懸命に毛繕いをしてる

早く寒い冬がこの子達から遠ざかってくれたらなあ〜
f0011273_152617.jpg




あまり傍に寄ることの出来なかったコゲちゃん

気が付いたらこんなに寄ることが出来るように成っていました

生まれてから人間と言う生き物との接点を持たなかったこの子も

生きる術を勉強したのかなぁ?

人間の中には君たちに好意を持って近づく僕みたいな人も居るんだよ!

見極めるのは難しいけど頑張ってその術を習得してもらいたく思いました
f0011273_1510544.jpg

f0011273_15114399.jpg
おひさまの暖かさは

この子達を冬の寒さだけでなく心の寒さからも救ってくれるそんな気がした

いつまでも照らして上げてください

この寒さから助けて上げてください

今日みたいな元気なおひさまに・元気な猫達にバンザ〜イ!!
Top▲ | by kagetarophotolife | 2006-01-08 15:18 | ご近所猫
彼等との出会い
今日は 僕が外猫達を被写体に選び

追い続け始めた切っ掛けをお話しします


僕が猫と同居を始めたのが二十年前

初めて猫と接点を持ったのがこの時でした

この子をニャンクと名付け家族として大事に育てました

それ迄は特別猫と言う生き物に興味が有る訳でもなく

家内に説得されてならばと猫を招き入れました


自分でも分からないうちに

こんな可愛い生き物が存在すること自体に驚き

僕は知らず知らずのうちにのめり込んだ

やがてこの子のお嫁さんをなんて考えて女の子まで探す有様で

そうとう猫に没頭したのでした

この子達夫婦に子供を授かる事も出来 一時期は猫屋敷のように

でもそんなてんてこ舞いの毎日も楽しかった記憶が今でも昨日のように甦ります

ニャンク&ピンク夫婦も十五年の長い猫生を送り

今は天国で楽しい生活をしている筈

この夫婦が残した娘が今現在も僕の家族の一員で元気に生活を共にして居るのです


ちょうど四年前になります

娘が小学校に上がった年の春

僕が仕事から帰るとなにやら段ボール箱の中に生まれて間もない

目が開くか開かないか位の子、、、

カラスに襲われているところを娘が見つけてつれて帰ってきたそうでした

すぐに病院へ連れて行き検査をして頂き大事は免れましたが

その日からこの子の闘病生活が始まり 

時間に関係なく看病や食事のお世話などに追われる毎日でした

なんとか体力も取り返し元気に現在に至っているのですが

夫婦の残した娘(ドンク)はお嬢様育ち

急な家族の存在に戸惑い・威嚇し・半ばノイローゼ気味の様な感じで

これまた病院へ....僕はどうしたものかと?頭を悩ませたり試行錯誤を繰り返した


ところがある日ちび猫が自分からドンクに近づき

何とか上手に振る舞っているじゃ有りませんか

僕が見た事も無い仕草や態度・・・

この時から知らないうちに僕の心の隅で外猫に対する興味・世界・

この子以外にも似た様な境遇が有る猫も居るはずなどと考え始めていた


そんなある時 娘が某所で猫がたくさん捨てられ居る話を

学校で聞いたと僕に話してきました

本当か嘘かは目で見るまでは信じない・・・

次のお休みに娘とこの噂の場所を訪れると・・・・

噂は本当でこの世には悪魔に取り憑かれた人間が

自分の勝手で信じられない事を仕出かしてしまう現状に驚きを隠せなかった

この日から僕は外猫を追う日々が始まりました
f0011273_11264131.jpg


f0011273_11281586.jpg
写真に協力してくれたご褒美にカリカリを少し

f0011273_11302516.jpg

過去に人と生活を共にしていた事が有るので怖がらないどころか擦り寄ってくる

f0011273_11323313.jpg
この子は会った途端に大きな声で鳴きながら・・・・

f0011273_11343713.jpg
至る所で猫の姿を....なんでこんなにたくさん・・・・・

f0011273_11444933.jpg


f0011273_11452669.jpg


f0011273_11461950.jpg
皆人が好きなんです 温もりが欲しいんです

ここを訪れるうちに近隣住人の方と知り合う事も出来色々お話を聞くと

ほとんどが捨てられた猫達だそうで心が締め付けられる思いがしたのを覚えています
f0011273_11501512.jpg
ここに暮らす猫達は近隣住民の地域猫として

大事に保護されていますが捨てられる猫の数は増える一方で

お世話をする方々達も頭を悩ませているのが現実なんです


ここが僕の外猫を追いかける始まり・・・・・・・
Top▲ | by kagetarophotolife | 2006-01-05 11:59 | 遠くの猫
| pagetop |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin