<   2006年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
僕の決断....。
僕のブログを見て仔猫達を応援して頂きありがとうございます

先日のコンテストでのたくさんのお祝いのお言葉

僕自身どう感謝の気持ちを表せば良いかと慌てているのが正直な今の気持ちです

これからも宜しくお願い致します



またいつもの様に仔猫達が集まる自転車置き場へと通うこと今日で十日・・・

日を追うごとに僕の気持ちは落ち着かなくなって来た

それは此処で見る仔猫達の数がいきなり減ったから

近くで工事が始まり騒音や人の出入りが今迄よりも増えたことは事実

でも秘密の塒を覗いてみると今迄とは違う・・・・

もうここを生活拠点とはして居ない爪痕

21日の日を境にチビ君以外の子の姿を見る事が無くなってしまいました

毎日この場を訪れ時間の許す限り待ちました

近所の彼らの行動半径全てを探しても見つけ出すに至らなかった

外猫の習性とは言え違いすぎる

僕の知らないうちに何かが有ったのだろうか?

世話役の方に聞いてみるとその方も僕と同じことを考えていました

僕の脳裏を過る過去の忌まわしい現実 ブログの最初の頃にお話しした

この地で起きた考えたくない恐ろしい出来事がまさか・・・・

そのような事実が無いことを祈りながら日々彼らを捜して居りましたが

未だに姿を見ることが出来ていません



昨日の朝方僕は早くからいつもの探索行動に出かけた

するとチビ君が何やら大きな声で鳴いている

僕の姿を見つけ足下に絡み付き泣き止まない

「どうしたの?お腹が空いてるのかい?」餌場に誘い

大好きな猫缶をあげても泣き止まない

抱き上げて撫でてあげても泣き止まない

どうしたんだろう?今迄こんな事は無かった

何か身の危険でも感じているのだろうか?

そしてお前の兄弟は何処に行ったの?何か有ったのかい?・・・・・

その光景を見た世話役の方が僕に話し掛けて来ました

風の強い日に裏の畑で仔猫の亡骸を見つけたと・・・・・

そしてこの子の先祖や兄弟の眠る場所へと手厚く葬ってくれたと

僕は居ても経っても居られずチビ君を抱いてその場を後にしてしまった

これで良いのだろうか?この子には兄弟が居るこの子だけ保護することは出来ない

でも他の子は何処に?そんな葛藤の中でも僕を見つめる無垢な瞳が訴えてくる

どうしよう・・・・僕は心の中で決めました

明日この場で一日待ってみよう

そして仔猫達兄弟の姿を見ることが有れば皆で生活させよう

でも姿を見なければこの腕の中の子を僕が責任を持って保護しようと

f0011273_17401690.jpg

このように何処かを眺めているチビ君

普段は道路側へは近づかない君がこうやって誰かを待っているみたいにしてる

もう誰も待たなくていいよ僕が君を連れて帰る

もう苦しむことも耐えることも無いよ一緒に帰ろう

この子は今知り合いの病院で治療中です

僕はこの子の退院を待っています
Top▲ | by kagetarophotolife | 2006-03-31 17:51 | ご近所猫
コチビおめでとう!そしてありがとう。
エキサイトさんが主催する

「THE DAY〜私の一日の思い出〜」フォトコンテストで賞を頂きました

僕はこの子達と接するようになり

日々彼らの生きる素晴らしさを実感して写真と言う媒体の力を借りながら

皆様に紹介させて頂き、「何か?」を感じ取って頂きたく続けてきました


題材である思い出・・・・

僕が忘れることの出来ないこの子の表情

それは楽しいことでもなく微笑ましい仕草でもない

自然界で生きる外猫の悲痛の願いとも感じました

その願いは叶い外の世界は暖かな春の陽射しが降り注ぐ陽気になりましたが

本来ならばこの喜びを一番にコチビへ報告しなければいけない筈・・・・・

彼の姿を見かけなくなり二週間が過ぎようとして居る今

安易に喜べないのが事実です

僕は喜びのこの言葉を心にしまい

日々ここに通いコチビの元気な姿を見ることが出来る迄待ち続けようと思います


コチビおめでとう! 友達で居てくれてありがとう!   この名誉な賞は君に
f0011273_1403089.jpg

Top▲ | by kagetarophotolife | 2006-03-25 14:03 | ご近所猫
お昼寝日和
朝からお日様爛々で気持ちの良い春風を感じた

きっと暖かな日を浴びてるんだろうなあ〜と訪れてみれば案の定爆睡中

薄目を開けて僕の存在を確認するけど睡魔には勝てないみたいです(笑)

チビ君だけがお出迎え「 おっちゃん、今日は暖かいニャ〜 」 かな?
f0011273_1426218.jpg




こんなしてみたり
f0011273_14285798.jpg




いきなりゴロ〜ン
f0011273_14304413.jpg
f0011273_1434155.jpg
まるで?ポーズでも決めてるみたいに??



でチョビはというと・・・・・グーグーと寝ていますひたすら寝ています
f0011273_14383539.jpg




体をあっちに向けたり・こっちに向けたり
f0011273_1439482.jpg




挙げ句の果てには地面にぺったりと張り付いて自分の世界です(笑)
f0011273_1442237.jpg




今日アングルファインダーをカメラに付け忘れて来た僕は

知らずのうちに地面に這いつくばり同じような格好でシャッターを切っていました

地面が暖かいこの子達の大好きなお日様は照りつける暖かさだけでなくて

地面も暖かくしてくれるんだぁ〜なんだか気持ちが良くなって来たぞ〜

こんな事を感じているうちにチビ君もうとうとして来た
f0011273_14501134.jpg
f0011273_14505073.jpg




皆静かにお昼寝を楽しんでいるのを見ていたら

僕が五月蝿くシャッターを切るのも何だかなあ〜

静かにこの場を後にしました今日は絶好のお昼寝日和。
f0011273_14552596.jpg

Top▲ | by kagetarophotolife | 2006-03-21 14:58 | ご近所猫
春の訪れ
昨日の瞬間最大風速33m!!

春の嵐とは言うもののここまで風が強くて長い時間吹き荒れるのには驚きました

猫達が心配で様子を窺いにきてみれば陽の当たる場所で毛繕いに夢中??

風は強くても気温が高くて心地良さそうに自分の体をペロペロ

違う場所に移動してまたペロペロペロペロ

冬の厳しい寒さを思えば少し位強い風なんかへっちゃらニャ〜とばかりに子供は風の子
f0011273_0382231.jpg
大好きな姉のオチビと一緒に念入りに・念入りにペロペロ



終いには眠たくなってきたのか?

オチビにぴったりとくっ付きうとうとし始めた
f0011273_041328.jpg




暫くするとオチビ姉さんは何処かへと.それでもこの子はグーグーと寝ていた

久しぶりに此処で長閑な光景を見たような気がした
f0011273_0452041.jpg





今日ここの餌場でチビ君とチョビがちょっとした事で喧嘩をした

些細な出来事で兄弟喧嘩をする所を見ると少し心にもゆとりができたみたい

冬真っ只中の時期はお互い助け合い喧嘩など全くしていなかったからなあ〜

その時のチョビの恐可愛い顔
f0011273_0534339.jpg
一生懸命頑張ってチビ君を威嚇してるんですが




f0011273_0562841.jpg
チビ君は「ニャンか文句あるのニャ〜」とばかりにチョビに向かってこの有様

いつもは優しいチビ君もこの時ばかりは珍しく怒っていました

悪いのは横からチビ君の食べてた御飯を取ろうとしたチョビなんです

この後は何も無かったように仲良くお昼寝を楽しんでいたのですけどね

春の訪れ

漸くこの子達の心も体も羽ばたこうとしているそんな充実感の日だった
Top▲ | by kagetarophotolife | 2006-03-20 01:06 | ご近所猫
漲る力...純粋な心
此の所東京はお日様が元気な春陽気だったり

かと思えばまるで冬に逆戻りしたみたいな寒い一日だったり

ここの子達も喜んでみたりがっかりしてみたりで

天候不順には惑わされて居るみたいだった

昨日の真冬並みの寒さが嘘のように今日はお日様も元気いっぱい

チビ君とチョビが元気に遊び回ったり貴重な日を浴びている姿を見て僕は安心した
f0011273_1442573.jpg
f0011273_14446100.jpg
f0011273_145991.jpg
この冬の厳しさが

まだ生まれて半年足らずの仔猫の愛らしい表情までも奪ってしまった

反面この表情は逞しく成長し野生で生きて行く強さや自信の象徴のような気がします

頑張ったこの子達を少しで良いから・・・・・褒めて上げて下さい





今日のチビ君もチョビも気分は御機嫌で僕が姿を現した途端に近くに擦り寄って来た

カメラを向けると直ぐにこちらへ駆け寄ってくる

なもんで今日の写真は向かってくる姿ばかりに成りました

この子達の表情にも少しだけではありますが安堵の気持ちが伺える

暖かなお日様を心底嬉しく思っているに違いない

お前達もう少しだよ春の訪れは
f0011273_14252235.jpg
f0011273_14262196.jpg
f0011273_14263866.jpg
f0011273_1429999.jpg
f0011273_14293948.jpg
まるで追いかけっこでもして居るみたいに

見ず知らずの人と猫でも時間をかけて優しく接っすれば

まるで友達のような関係が生まれる

神様はこの事だけは裏切るような事が無かったんだなあ〜とつくづく感じました

この子達の元気な姿を見ていると野生の生命力

人間では真似する事も出来ない位の漲る力は

純粋に生きる事への心の持ち方だとこの子達にまた教わった気がした
Top▲ | by kagetarophotolife | 2006-03-14 14:59 | ご近所猫
時の流れ
今日は一日中雨が降りいつもの場所でも彼らの姿を見る事は無かった

秘密の塒に居る事を確認し早々この場を後にしました

そう言えばフィルムを使って写した写真で

まだスキャナーで取り込んでいない物が有るので

今日はその作業に専念しようと自宅に戻りました

普段はデジタルを使う事が多いのですがポジフィルムの表現する

階調性の豊かさからたまに使っています

ここの子達の表情も少し違う感じで見て頂けると幸いです
f0011273_1302569.jpg
f0011273_132363.jpg
f0011273_1332242.jpg
f0011273_1341861.jpg
f0011273_1351399.jpg
f0011273_1361328.jpg
f0011273_1365285.jpg
f0011273_1382227.jpg
f0011273_1385870.jpg


昨年の秋に写した仔猫達とその母親です

僕にはつい先日のような光景に思えて成りませんが

現実はもう少しで半年余りの月日が流れている・・・時の流れは早いものですね

今日スキャンした一部を紹介させて頂きました  残りはまた後日
Top▲ | by kagetarophotolife | 2006-03-11 01:48 | ご近所猫
望み
お話が前後しますが、お許しを・・・

先週僕が外猫達を追いかける切っ掛けと成った場所を訪れました

ご近所の猫達を写し続ける中僕自身が悩み・色々な事を考え

どうしても自分の気持ちを確かめたかった場所

昨年の暮れからの三ヶ月はあっという間に過ぎこの場所にも春の匂いが訪れつつあった

何年も前からの馴染みの猫達 

さて着いた早々いつものポイントへ足を運ぶが誰もいない

色々と彼らの居そうな場所を探してみるけど姿を見かけなくて動揺した

すると初めて見る子が何匹か僕の背後を横切りました

でも警戒する仕草で早足にその場を離れてしまう

小一時間程探し回るうちに疲れてしまいいつものカフェに傾れ込んでしまった

まったく情け無い話です

店のオーナーに近況を聞くとここの猫達も同様に今年の冬は厳しく襲いかかり

年老いた子や病気がちの子が次々と姿を消したそうでした

残念と言うより・・・無念です・・この話を聞き慌ててまた探し始めました

公園で辺りの様子を窺っていると居た居た!周りの喧騒をよそに

自分の時間を楽しんででも居るような日光浴真っ最中な子が

知り合い?の子の元気な姿を見れて安堵しました
f0011273_1929327.jpg




いつもの餌場でも中々姿を現さなくて諦め半分で置いてある餌入れのアルミの器を

指で二・三回はじいてみました チャン・チャン・チャン

すると何処からともなく!覚えて居ないだろうなあ? と撫でてみるとノドを鳴らす

諦めないで探し回って良かった
f0011273_19402319.jpg




表通りに面した場所へ行くと前とは違う場所にこの子が居た

三ヶ月という月日が凄く長〜く感じた  少し痩せたみたいだなあ〜
f0011273_19453578.jpg




元気そうな姿を見る事が少しでも出来て安心しました

その反面姿を見る事の無かった子達はどうしているのか・・・

本格的に春が訪れたときまた来ようそして皆の元気な姿を写真に残してあげよう

僕は不完全燃焼している自分の気持ちが本当ではない事を悟った

僕の家の近くで自然と闘っている猫が居る ここにも・・・そして各地にも・・・・
f0011273_2021511.jpg



外猫達が幸せな生活を送れるそんな世界をください
Top▲ | by kagetarophotolife | 2006-03-09 20:11 | 遠くの猫
聴こえるかい
少しずつ気温も上がり外猫達にも気持ちの良いお日様が照りつけ過ごしやすい一日

訪れた時にはもう各々が日を浴びながら大切な時間を送っていました

清々しい空気が流れる 

いつもなら遠くを走る車の音や住宅建築の騒音などが響くこの場所

不思議と今日は静かな気がした
f0011273_1823825.jpg
f0011273_18232656.jpg




チビ君もチョビも僕が訪れた事に気が付いていない

猫は足音や匂いなどを覚えているのだろうか?近くに寄ってみたけど全く動じない

シャッターの音に反応しては居るものの....耳が僅かに動くだけ

「 邪魔してごめんね 」

僕は早々に切り上げて立ち去ろうとしたら背後で  「ニャニャ〜」

チビ君いつもの調子で何かを喋る

挨拶でもしてるのかなあ?猫達の挨拶の様に顔をそばに近づけてみたら

チビ君顔を僕の顔に擦り付けて来た!

きっと「 こんにちは 」とでも言ってくれているんだろうなあ〜
f0011273_183959.jpg




チョビは爆睡状態で僕とチビ君のやり取りに気が付いていないみたい

あれ?薄目を開けてこちらの様子を窺ってる・・・でも何だか不機嫌そう
f0011273_1845370.jpg




気分が乗らないのか?今日はシカトと決めこんだみたい・・・・

気分屋さんは母親譲りみたいで良く似ている
f0011273_18504646.jpg




今日はチビ君が僕の遊び相手を引き受けてくれた?みたいだ

カメラを構えれば自然とポーズでも・・・(これは僕の勝手な思い込み~(=^‥^A アセアセ)
f0011273_185759.jpg




背後から狙うと振り向き 「 ニャンですか〜? 」 (これも想像ですが)
f0011273_18595031.jpg




お日様の元気な小春日和 この子達の心までも軽やかにしてくれる

春一番も先日吹きました

長かった冬に別れを告げるかのように・・・

そしてこの子達の憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれた気がする
f0011273_197485.jpg
お前達の願いは叶ったよ!!聴こえるかい春の優しい足音が
Top▲ | by kagetarophotolife | 2006-03-08 19:10 | ご近所猫
通じただろうか?
久しぶりにお日様が姿を現しました

日向ぼっこを楽しんでいるんだろうなあ〜

出かけ前にそう思い慌てて家を飛び出しました

いつもの所定の位置で各々が暖かな日を浴びて微睡んでる!

僕はこんな光景が好きです

仔猫達の表情にも僅かながらでも余裕が見受けられる.

早く春の訪れをと切に願います

僕も自然とシャッターを押す指に力がこもる

この子達本来の美しい表情をたくさん写して上げたいから
f0011273_15141554.jpg
f0011273_15143931.jpg
f0011273_15145796.jpg
f0011273_15151429.jpg
チビ君はごきげんです



昨日は何処かへ遊びに行ってしまったチョビも毛繕いに夢中

念入りに・念入りに体を綺麗にしたら眠くなったのか?

大胆にも駐車場のど真ん中でお昼寝と決め込みました

こんな純粋無垢な寝顔を見ていたら嫌な事なんて忘れてしまう

こんな時間よ永遠に続け
f0011273_15274026.jpg
f0011273_1527578.jpg
f0011273_15281542.jpg
f0011273_15283123.jpg
f0011273_15284531.jpg
チョビはず〜とお昼寝しています 気持ちの良いお日様に感謝です!




きっとこの子達も何かウキウキとした気持ちになって居るんだろう

チビ君とチョビが戯れあいながらお日様の暖かさを楽しみ

仲良くする姿をいつもより以上に見ることが出来た

僕も久しぶりに晴々とした気持ちに成りました

待ってろよ〜おっちゃんもお前達猫家族が何とか春の日を迎える事が出来る迄

導いてあげるからな!頑張るからね!!と話し掛けてみたけど通じただろうか?
f0011273_15411566.jpg
f0011273_1541531.jpg
f0011273_15421286.jpg


さあ!春に向かって突っ走ろう

今日迄頑張って来たお前達なら出来るよそして厳しい試練を与えた神様を見返そう!

いつもの様に胸を張って堂々と空を見上げよう

僕は元気に振る舞うこの子達を見ていたらこう呟いていた

通じただろうか?
Top▲ | by kagetarophotolife | 2006-03-03 15:51 | ご近所猫
僕は負けニャイ!
昨日の雨も朝には止んでいた

良いお天気になるのかと思ったけど期待を裏切られどんよりと曇り空だった

いつもの場所へ行くとチビ君がポツンと僕の姿を見つけて近づいて来た

ニヤァ〜ニヤァ〜きっと 「今日は早かったニャア暖かくならなくて残念だニャア」

なんて話し掛けてるんだと勝手に思った

猫語を話せればなあとつくづく感じた
f0011273_1754447.jpg


今日はこの一枚しか写さずチビ君に遊んでもらいながら

汚れたこの子の体をブラッシングしたり

冷えた体を抱いて暖めたりしてたらあっという間に日が暮れてしまいました

途中チョビが姿を現しましたが今日は何か御機嫌な様子で

直ぐに何処かへ遊びに行ってしまった

昨日降り続いた雨も止み少しは心が弾んでいたのか?

寄り目ママと戯れあいながら元気に過ごしている姿を見て

僕は ほっと胸を撫で下ろしました

チビ君の写真を家に帰り眺めていたらこの冬で随分と毛艶も失い

白いフサフサな毛も汚れて見るからに野生児そのもの

どこかで喧嘩でもするのか怪我の跡なんかも・・・・

でも自分の将来を見据え爛々と輝くこの眼差しを見ると

僕には自然と勇気のようなものが湧いてくる

まだ生まれて半年程のこの子達に教わる事・・・・それもたくさん

先のお話ではありませんが猫語の分からない僕でも分かる事

それは「 僕は負けニャイ! 」この子達は堂々とした姿が

いつもそう叫んでいると思います 頑張れ仔猫達!
Top▲ | by kagetarophotolife | 2006-03-02 18:42 | ご近所猫
| pagetop |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin