<   2006年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
オチビ&コチビ
暖かな陽射しの中、僕は朝からいつもの場所へ......。

誰かの姿を見る事が出来ないかと?期待と不安を抱きながら行ってきた。

自転車のミラー越しに見た僕の顔.....小学校の入学式で観たうちの娘の表情みたいだった。

心の中で  「 なんちゅ〜顔してんだ?これじゃあ猫達もビビルわ.... 」自分でも可笑しかった。

暫くすると、娘と同じ歳位の女の子が話し掛けて来ました。

「 おじさん、猫の写真撮れた?・・・最近ここには、居ないみたいだよ。。。」

僕はここで猫達を待っている事を話すと 「 じゃあ、猫を見つけたら教えてあげるね!」

ニコニコと微笑みながら元気に立ち去る女の子.....。

この子もきっとこんな優しい気持ちで、ここの猫達と接していたんだろうなぁ。。。

と思うと、何だか嬉しく思えた.....。

f0011273_19593164.jpg
f0011273_200291.jpg
f0011273_201270.jpg
f0011273_2045891.jpg

昨年の春から初夏にかけて写した、オチビ。

ようやく、少しずつ傍に寄ることが出来始めた頃です。




f0011273_20113551.jpg
f0011273_20115420.jpg
f0011273_20121915.jpg
f0011273_20123953.jpg

コチビは最初の頃、警戒心が強くてなかなか傍に寄れなかった。

でも諦めないおっちゃんに、根負けしたのか?ある日突然!自分から近づいて来たのです。

それが5番目の写真.....ニャにか?御用かニャ〜みたいな・・・・。





僕がこの子達を待つ日は、まだまだ続く・・・・・。

なかなか諦めないおっちゃんだから.....。
Top▲ | by kagetarophotolife | 2006-04-09 20:25 | ご近所猫
ニャンコ友達は何処へ?
自転車置き場の猫達

今日、マスクママを見かけた....でも何だか警戒心が凄かった。

今迄ここの猫達と接していて、僕の姿を見ても「いつものおっちゃんか〜」みたいに

僕に距離をおく事は無かったのに.....どうしたのか?姿勢を低くして直ぐ逃げちゃった。

でも、元気にしているみたいなので安心しました。

こんな感じでも、皆の姿を見る事がいつか出来そうで僕は寂しくなかった。

また.....あした来よう。



昨年の春、ここの子に初めて遭遇した頃を思い出した。

老人ホームの駐車場で、日向ぼっこを楽しむ四匹の猫....この時は名前すらなくて・・・。

どのこが本当の母親で、どのこがその子供かも分からずに夢中でシャッターを切ったなぁ。

回を重ねるうちに、色々知る事が出来たここの猫達のお話。

世話をしている方々ともお付き合いをさせて頂き、僕が外猫達の実際を目の当たりにしたのも

ここ.....

僕に色々な事を訴えかけてくれた猫家族に感謝しながら.....

一年程前の愛らしい家族の姿を懐かしく思いながら待っているね!お前達。

f0011273_1925547.jpg

f0011273_19261371.jpg

一番最初に見かけた仔猫.....女の子のオチビ




f0011273_19283937.jpg

オチビママと一緒に.....しっぽに戯れて遊ぶ仕草がカワイイ




f0011273_19312897.jpg

左側がマスクママ....右の仔猫が男の子のコチビ。この二匹は親子です。




f0011273_19334816.jpg

奥に居るのがオチビ。
僕の存在を見つけて警戒しています.....この母親とオチビは親子と言う事を後に知りました。





一年前の出来事が、つい最近の様に感じたり.....随分と昔の様に思えたり。

またこの日のときめきを、きっと与えてくれるだろう・・・・そんな友達です。
Top▲ | by kagetarophotolife | 2006-04-07 19:42 | ご近所猫
お花さんへの...願い
僕のブログへ訪れて頂いて外猫家族への心暖かい声援....心配。

ありがとうございます!

僕が今皆さんに言えるのは....この言葉だけ・・・・。


昨年の春から通い続けた自転車置き場.....ここに元気な家族猫の姿が戻る迄、

僕は今迄同様に、この場を訪れようと思います。

それと同時に、僕が外猫の姿を追う切っ掛けと成った場所....まだまだたくさんの地にも厳しい

野生環境で暮らす猫達が居ります。

少しずつでも足を運び、たくさんの外猫さん達と友達になりながら彼らの素晴らしい姿を残し

て行こうと思う今日この頃です。


自転車置き場・・・・・・この場所多い時には13ニャンコ居りました。

毎日がお祭り騒ぎの様な賑やかな頃を今思うと懐かしくも寂しくも感じる。

最後に残ったチビを保護してからのここは静まり返りまるで夢でも見て居たみたい.....。

そんな春の訪れに僕は複雑な気持ちに成った。

彼らの遊び回っていた場所には小さな花が咲き、桜のお花も満開に成った。

きっと何処かでこんな春の訪れを喜んでいる事だろう。

そんな事を考えながらこの自転車置き場で彼らを待っている時....。

僕の眼に、ふと入ってきた優しい姿....僕は知らずのうちにシャッターを何度も切っていた。
f0011273_21124940.jpg



猫達もきっと何処かでこの綺麗な姿を見ている事だろう。



さくら...別れの花でもあり、出会いの花でも.....去年の春に、ここの子達と出逢った時も。
f0011273_2119740.jpg
f0011273_21192689.jpg
f0011273_21194574.jpg


僕はまたここで彼らと出逢えることを、この美しい姿のお花にお願いした。







チビの面会に行ってきました。

元気をすっかり取り戻し、今日は鳴いて出迎えてくれる程に成った。

きっと? 「 おっちゃん!今日は遅いニャア....待ちくたびれたニャア 」とでも言っているんだろう。

頑張れ!....もうすぐ帰れるよ。

おばあさんのドンク・野良あがり姉さんのミンク・優しいワンのカンクがお前の帰りを待ってる。
Top▲ | by kagetarophotolife | 2006-04-04 21:39
| pagetop |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin