<   2008年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
心ウキウキと


いやぁ〜暖かいなぁ

花見頃ぐらいの穏やかな陽気で心身ともにまった〜りと

暫くは天気の崩れも無いらしく日に日に春が近付いて来ている、、、心ウキウキです

f0011273_13503772.jpg


f0011273_13504967.jpg


f0011273_135153.jpg


f0011273_13511939.jpg


f0011273_13513136.jpg


穏やかな時よいつまでも
Top▲ | by kagetarophotolife | 2008-02-29 14:00 | ご近所猫
凄いなぁ〜


いつもは道ゆく車・先を急ぐ自転車・お友達同士で遊ぶ子供達と賑やかな公園周りだけど

今日は人の姿を見る事も無く また車や自転車も通らず

聞こえてくるのは遥か彼方からの車の音と鳥のさえずりだけと時間が止まった様だった

日向に居ると暖かさの中で吹く風優しく なんとな〜く昼寝でもしたく成る様な穏やかさ

まだまだ夜間の冷え込みはあるものの 近付いて来る春の足の音を体で感じる事が出来た

「すもも」さん 先日からお気に入りのベンチで日中は過ごす事が増えました

f0011273_15124041.jpg


f0011273_151416.jpg


f0011273_15141784.jpg


f0011273_15145761.jpg



f0011273_1515327.jpg


前回に比べるとこの冬の方が寒さも厳しく何度か雪も舞いました

例年では今時分のこの子達の姿は毛並みも荒れ汚れも可成りなもの

ところが荒んだ姿を見せる事無く随分と綺麗な姿で正直なところホッとした

回を重ねる毎に越冬の術を磨き少しづつ彼ら彼女ら也にコツも掴んだのだろう

経験が全てを左右する厳しい野生環境での逞しさ強かさは

生きる事を先ず第一の目標とする純粋で無垢な心だから出来るのだろうなぁ

よく頑張ったねぇ〜凄いよ!偉いよ!・・・・・・・つくづくそう感じまた教えられた
Top▲ | by kagetarophotolife | 2008-02-28 15:30 | ご近所猫
もう少しだね


寒く成ったり暖かに成ったりと繰り返し繰り返し春が近付いて来てる

吹く風凄まじくとも寒さ厳しくとも負ける事無く弱音も見せずに生きる姿

今まで何度勇気や元気を分けて貰って来たのだろうか・・・・・

確かに険しい表情や戸惑う表情が無かった訳では無いけれど 

それも懸命に生きる執念とでも言える美しいお顔だ

その表情が日を追うごとに着実に変わり始めた今日この頃

この子達に穏やかな春の日を早く届けて上げたいと切に願うのでした

f0011273_23123742.jpg



f0011273_23125176.jpg



f0011273_23131575.jpg



f0011273_23133674.jpg



f0011273_23135698.jpg



f0011273_23141025.jpg



春までもう少し・・・・・さぁラストスパートだよ
Top▲ | by kagetarophotolife | 2008-02-27 23:22 | ご近所猫
うろうろと・・・・


今夜辺りから少しお天気下り坂かぁ〜

昨日まで元気に姿を見せていたお日様も昼前からとうとう隠れてしまった

次第に風も強く成り出し お日様に代わってどんよりとした雲が姿を現し始めた

でも流れる空気は冷たさも無く 生暖かく冷え込みを感じ無いのが有りがたい

自転車置き場へ出掛けてみると何か落ち着かない感じで「すもも」さんがうろうろ

寒さが厳しく塒で時間をつぶす事が多かったから?

外の空気を存分に満喫したいのだろうか??

f0011273_17124611.jpg






僕へ何か話し掛けて来た・・・・・・・アハハ空を見上げて何か言ってる

f0011273_17145478.jpg






かと思えば 忽ち移動し隣のアパートへ・・・・・・今日は良く動き回るなぁ

f0011273_1717531.jpg






またまた歩き出し 公園まで

f0011273_1718301.jpg






兎も角ひとところに落ち着く事をしない(笑)ま!こんな気分の時も有るんだねぇ

f0011273_17205359.jpg



f0011273_17211058.jpg



f0011273_17212217.jpg


散々動き回り 何かに満足でもしたのか?

いつもの調子でプルルル〜〜のつぶやきと共に

早足で歩き始めれば僕の事などお構い無し

自分だけ一足お先にと塒へ潜り込んでしまった・・・・・

アハハ勝手気侭なこの子の性格が何となく愛しく感じた

「すもも」春へ向けて元気さにエンジンが掛かり始めた その調子だよ!
Top▲ | by kagetarophotolife | 2008-02-26 17:37 | ご近所猫
穏やかに


春の荒らしも去り 通り抜ける風冷たくても日向は十分春を感じられる程暖かい

お日様が元気に姿を現してくれて居るあいだじゅう長閑にお昼寝日和と相なりました

冬は皆一様に少し毛がよごれ野生児丸出しな感じに成りますが今年はチョと控えめ

「すもも」は毛が白いので真っ黒け〜な毎年ですがこの冬は比較的綺麗であります

f0011273_16553642.jpg



f0011273_16554969.jpg



f0011273_16561284.jpg



f0011273_16563065.jpg



f0011273_16564631.jpg



f0011273_16565958.jpg



f0011273_16571918.jpg



f0011273_16574227.jpg


今日の様な穏やかな日が続く事を祈ります

少しづつ少しづつ春に向かいこの子達の心も弾んでいる筈

後もう少し 頑張って冬を乗り越えようね
Top▲ | by kagetarophotolife | 2008-02-25 17:01 | ご近所猫
春の声


春の荒らしの凄まじさに驚くのは僕だけで 猫さん達は至って冷静です

今日はたぶん?塒でぬくぬくでしょ!と勝手な想像をしながら出向いてみればあれれ?

風がもの凄い音をたてて泣き叫ぼうがお構い無しで お空見上げてのほほ〜〜ん

逆に?普段は電線の上から涼しい顔をして様子を伺うカラスの方がうるさい程慌てた様子

その鳴き声が鬱陶しいのか「すもも」は電線見上げて ニャニ?騒いでるニャ〜??

と言う感じで普段とは立場が逆の涼しいお顔で満更でも無い感じで落ち着き払ってた

経験豊富とは様々な教訓を忘れる事無く積み重ねることなんだねぇ〜「すもも」お見事

f0011273_22124495.jpg



f0011273_22125899.jpg



f0011273_2214419.jpg



生まれて二回目の春一番を迎えたこの子

な〜んだか騒がしい風の音は大した事が無い様子だけど・・・・砂埃が気に成る気に成る

子供は風の子とばかりに(もう子供では無い)

「うらら」と駆け回りはしゃぐのは良いけど

ど〜〜も舞い上がる砂埃には往生して居りました アハハこれも教訓だね「コトラ」

f0011273_22201115.jpg



f0011273_22202837.jpg


きっと来年の今頃は「すもも」の右へ倣えと堂に入って居る事だろうなぁ


畑や公園の土や砂が舞い上がり青く澄んだ空も霞が掛かる

それにも負ける事無く元気いっぱいの姿はくすんだ空をも吹き飛ばす程だった

がんばれ!春一番と言う春の声を聞いたよ
Top▲ | by kagetarophotolife | 2008-02-24 22:30 | ご近所猫
スタートライン


春の訪れとはチョと気が早いけど 

まるでそう感じてしまうほどの穏やかな日が続いて居ります

上着を羽織れば少し暑く感じ かと言ってそれを脱げば少し肌寒い

人はそれを調整しづらいなどと贅沢な悩みを言う

でも外で生きる身にはそれでも有りがたい有りがたい穏やかさなんだよね

自転車置き場の子達も皆この有りがたい穏やかさを全身で受け止め

大切に大切に生きて居ります

「すもも」お気に入りの近所の公園も冬に成ると通り抜ける風冷たく

余り近付かなく成って居たのが何処からともなく現れ 日没まで寛いで居ります

f0011273_14294459.jpg



f0011273_14301386.jpg



f0011273_14303530.jpg



f0011273_14304896.jpg



f0011273_1431451.jpg



f0011273_14311653.jpg



この穏やかさも週末までで また寒の戻りで冬に帰りますが

でもこの子達は負けない 今日まで頑張って来た 来れたのも

この子達の懸命な努力です 力です そして永遠なる外猫の魂です


大切なひと時を全身で受け止め

大切にする姿を見ていたらふと有る歌詞が脳裏を過りました


〜だからそうだよ 挫けそうなときこそ遠くをみるんだよ〜

〜チャンスは何度でも君の傍に・・・・・・

〜だけどそうだよどんなときも信じる事を辞めないで〜

〜きっとチャンスは何度でも君の傍に・・・・・・・・・・

〜見えないこのスタートラインからまたここから・・・・・・・・・

〜きっとそうだよいつかきっと 真心が何かに変わるんだよ〜

〜そうさチャンスは何度でも〜いつも君の傍に〜いつも君の傍に〜


そう この子達の様に何度でも諦めずにスタートラインへ立つ事を怖がらず

新しい風を全身で受け止めよう

「すもも」ありがとう

君を見て居ると・・・・・・・我を振り返る事が出来る自分が居るよ
Top▲ | by kagetarophotolife | 2008-02-22 15:01 | ご近所猫
「オマメ」


先日遠くに生きる猫さん達を訪れたのですが 今回初めて出逢った子が居ります

スイセンの花が見事に咲き 良い匂いに包まれているこの芝生がテリトリーの様子

然し乍ら他の猫さん達と上手にコミュニケーションが取れて居らずひとりぼっちさん

観光で訪れた人間が与えてくれる食料は他の猫さん達に先に奪われ

ヒモジイ想いをして居た様です

ベンチに腰掛けると怖々近くに寄り顔を見上げて訴える様な眼差しで見つめて来ました

皆と仲良く出来ないのかい?君はいつからここへ来たのかい?

初めて見るお顔だねぇ、、、

様々な事を想い接してみるとこの子は生粋の外猫さんでは無い事を感じた

人へ要求する仕草 人の仕草への理解力 

まぎれも無い過去に人と生活して居た事の在る子だ

今まで様々な子と出逢いと別れを繰り返している中で

飼い猫さんだけは独特の仕草や要求さ人への依存度は全く違うものが有ります

この子は酷く怯えた時期を通り越し勇気をふりしぼり

自分を裏切ったで有ろう今目の前に居る同じ姿の人間へまた近付いて来ているのです

f0011273_12584851.jpg



f0011273_12591419.jpg



f0011273_12593317.jpg



f0011273_12595269.jpg



f0011273_130723.jpg



f0011273_1302379.jpg


僕は連れて帰る事は出来無いけど ここへ通う事は出来るから

裏切らないからね また元気な姿を見に来るからね頑張って生き延びてくれよ

以前この子に良く似た子が 猟犬に襲われ虹の橋を渡った

まるで生まれかわりの様なこの子の容姿に初めて出逢った気がしなかった

僕は「オマメ」とこの子を呼ぶ事にした

必ずまた来るからね それまで元気に頑張るんだよ 

そして皆と早く仲良く成れよな 祈ってるよ
Top▲ | by kagetarophotolife | 2008-02-19 13:08 | 遠くの猫
みんなで


遠くの猫さん達のところへ久しぶりに訪れた

幾日か続いた底冷えのする様な寒さとは程遠く

春をも感じさせてくれる暖かな陽気に感謝しました

来る度に出会える子達の姿はまちまちで 

元気に生きる姿との再会を喜び 再び逢う事の出来なかった子を心配し

初めて出逢う子の現れを複雑な気持ちで受け止め 

またここへ引き寄せられてしまう

ここへ出向きまた後にする時には必ず勇気や元気を与えられ次に繋がる

そんな魔力に取り憑かれた僕の船にとって ここがひとつの停泊地なんです

都会とは違い雨風を凌ぐのにも限度が有る過酷な環境

それに負ける事無く懸命に生きるこの子達へ一日も早く春が訪れてくれる事を祈ります

f0011273_2146029.jpg



f0011273_21462518.jpg



f0011273_21465149.jpg



f0011273_21471931.jpg



f0011273_21474666.jpg



f0011273_21481240.jpg



f0011273_21482891.jpg



寒さの冬ももう暫くの辛抱だよ 暖かな季節を皆揃って向かえようね

春の足音が少しづつ近付いて来ているよ
Top▲ | by kagetarophotolife | 2008-02-18 21:54 | 遠くの猫
負けずに


このところ少しばかり気分の晴れない日が続いて居りました

後から耳に入り ならばと引き戻され ふと我にかえる弱い自分が情け無く感じた

大空を羽ばたく姿に無限の生命感を感じるのはなぜだろう?

生きる為に必死な形相で風を切り

届いて来る羽の音がこれ程までに力強いのはなんだろう?

そんな無言の導きがとてもありがたく

それと同時に僕が日々追い続ける生きものという相手への心がまたひとつ高ぶりました

そう かげたろうも負けずに羽ばたかなくては


f0011273_1133185.jpg



f0011273_11331456.jpg



f0011273_11413568.jpg



f0011273_11414481.jpg



またひとつ自然界で生きる者の姿から教えられた
Top▲ | by kagetarophotolife | 2008-02-18 11:36
| pagetop |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin