<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
春候


少しづつ少しづつ聴こえはじめた春の音



f0011273_14535158.jpg



f0011273_14541257.jpg



f0011273_1454315.jpg



f0011273_14545078.jpg




それはもうすぐ君たちを迎えにくる 越冬お疲れさま
Top▲ | by kagetaroPhotolife | 2012-03-20 15:00 | ご近所猫
世も末かそれとも・・・・

昨日は 各テレビ局が軒並み震災特番を放送したのだが

そんな中で『報道STATIONスペシャル』と題して看板キャスターの古館伊知郎

そしてここまで純粋でこゝろ熱い奴だったのかと時おり感心させられる長渕剛

このふたりが震災被災地と原発事故の影響で警戒区域を指定された地域を歩き

あの日から一年経ったそれぞれの場を眼で見て耳で聞き肌で感じ伝えた


現実の厳しさは想像を絶するだろう事は分かりつつも

そこでその場所で生活をしていない僕には辛く目を背けたい心境に成る映像も少なくなかった

でも 我が身の事では無いからこそそれを確と目を見開き 

脳裏に焼き付けなくてはいけないと感じた

数え切れないほどの哀しみそして絶望

そんなどん底から歩みは僅か乍らも少しづつ少しづつ立ち上がりはじめた方々

皆様の勇気努力必死に堪える忍耐力を僕も見習わなくてはと痛感しました

短い放送時間内乍ら厳しい現実をも少し笑顔が見れた事 

笑い声を聞けた事とてもとても嬉しく感じました

ヒトの優しさは我が身が自然とこゝろに湧くもので言われて生まれるものじゃない

優しさが少し欠けている身にも自然とそれが湧き上がった事と願います

昨日の報道はこんにち巷で言われているやらせとか仕込みとは無縁で

事実いま起こっている現実だと再認識した次第です


放送の最後に古館伊知郎の語った『二つの後悔』

一つは牛達の墓場と化した牧場の現実を撮影し放送しなかった事実

原発の警戒区域と言う事で滞在時間の制約もその要因だろうとは思うが

実際は原発関係閣僚からの圧力であろう

そして二つ目は(一部彼の言葉を抜粋しますが)

原発に関して以前に放映した番組内で

実際は津波ではなくそれ以前の地震で原発内の一部が損壊していたのではないかと追求したが

今回のスペシャル番組でそれを追求する事が出来なかった

原発お膝元には『原子力ムラ』というムラが存在する

都会はこことは違って目映いばかりの光にあふれています

そして もう一つ考えることは

地域で主な産業ではなかなか暮らすのが難しいというとき

その地域を分断してまでも積極的に原発を誘致した

そういう部分があったとも考えています

その根本を徹底的に議論しなくてはいけないのではないでしょうか?私はそれを強く感じます

そうしないと今!生活の場を根こそぎ奪われてしまった福島の方々に申し訳が立ちません

私は日々の『報道STATION』の中でそれを追求していきます

もし圧力がかかって「番組を切られても 私はそれはそれで本望です」

また明日の夜 9時54分にみなさまにお会いしたいです

こう語った

看板キャスターが生放送で原子力業界からの圧力で番組内容に変更があった事を明確に認め

覚悟を決めてカメラの前に立った事実 これも僅か乍らも一歩前へ踏みでたわけで

未曾有をの大震災と原発事故は一人の男へ勇気を与えた

今後どのように様々な現実が明らかにされるかは想像つかないが

この男の背中を押し正義を守るのも国民一人一人の力がなすものと感じてます

世の中正義が全てではない事とは重々承知 

でもそれでも!今は大切にひとりの男の勇気へ関心を寄せるこゝろが必要と思います


政府や関係機関が『良し』としない事は伝える事もしない日本の腰抜けジャーナリスト

広告主は誰ぞや?と圧力をかけ都合の悪い事は隠避隠滅する主思うが侭のメディア

日本国そろそろ膿を出す時が来たのだとそう切実に感じる

震災後一年経とうとてほとんど復興を進める事が出来ない政府

そのくせに復興利権だか何だか知らぬが 地元被災地の雇用が全くままならぬ事実を知り乍ら

仕事をしたいんだ!と心から願う被災地その近隣の業者を無視し

何故に?大手ゼネコンに落札させ他方から職人下職を連れて復興工事を行うか

これも悪徳代議士の成せる技かそれとも金に目がくらんだ馬鹿野郎

いや 馬鹿野郎ならまだまだま救われる ヒトの姿をした悪魔何ものでもない

復興!復興!!被災者支援とは言葉だけで

災害支援手当を受けた各々から税金を確り回収するとは、、、、、時が違うだろう

これは極論 無理とは分かりつつも言わせて頂けば

議員報酬を無くしたとしたら幾人の人間が国の為へと立ち上がれる事やら

現在の無能政党でも過去の政党でも変わりはないのだが

もし もし金に目が眩んでも国民を苛める事無く悪い事をする

俗に言う出来る政治家が生まれてくれる事を切に願う

選挙の勝敗 我が身の立場 プライド、、、、、今はそんなのクソクラエだ

文明の利器が栄え便利さ裕福さにかまけ 

大切な大切なこゝろを置き忘れた議員ども滅びたまえ!!

陰で何をしようがそれはそれでかまわない!

国民を苛めることの無い政治へ日本は変われると僕は信じてる


f0011273_1281074.jpg

Top▲ | by kagetaroPhotolife | 2012-03-12 12:06 | つぶやき
陽は昇る

東日本大震災により 犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げます

と共に被災された皆様並びにご家族の方々へ こゝろよりお見舞い申し上げます


一年と言うこの数少ない言葉では言い表す事の出来ない

被災者樣方の心中を察しますと至極心苦しい切なさで胸が張り裂けんばかりです

僕のこゝろの痛みなど 到底足元にも及ばないほどの現状を拝見いたしますと

ただただ手を合わす事しか出来ませんが 一日も早い復興と皆様方の生活の安定を 

そして一番の祈りは いつの日か皆様方に笑顔がもどります時を

こゝろよりお祈り申し上げます


f0011273_2301552.jpg





みちのく魂よ 永遠であれ!

いつのときも応援して居ります <(_ _)>
Top▲ | by kagetaroPhotolife | 2012-03-11 00:01 | ごあいさつ
春の訪れをともに


時が過ぎるのは我が意識に因り早くもありそしてその逆も

もう一年かぁ、、、、いや、つい先日の様に感じる、、、、、

想いは人それぞれだが こゝろはこの先の未来へひとつでありたいと祈ります

昨年の春 自然界はヒトへ様々な試練と哀しみを多すぎるほど投げかけた

嬉し涙はその輝きが携わる人々のこゝろを問答無用で喜びへと運ぶ

しかし、、、、哀し涙 寂し涙は瞬時にしてどん底へとこゝろを落とし込む

多くの犠牲者さま 被災者さま そのご家族さま その友達 その恋人 その同僚 仲間、、、、、、

こゝろを想うと気持ちが押しつぶされるようになる

我が身が被災者でない僕自身がこのような気持ちで あれから一年と言う時をむかえるのだから

当事者さまを想うと、、、、、無責任に言葉をかける事へ後ろめたさを感じる

『がんばろう』『絆』・・・・・この言葉はもう言いません

皆様はよそ者の僕以上にそれを感じ 今!実践されている

軽はずみにその言葉を掛けようとて説得力のなさこの上ない

それよりも 一日も早く僕と同じ日常を手に入れ追いつき追い越して下さい

笑顔は無理に作らなくていい 自然にお顔が晴れる時まで待っています

そしてその時が来たらここへその想いを書いて下さい

震災後にここへ訪れてくれる被災地の方々が増えました

何度も何度も回を重ね訪れてくれているその気持ちへ僕も出来る限りの事をしたい

暖かな陽の光に包まれ 色々な花々がそれに彩りを添える春

そろそろその足音も僅か乍ら届きはじめました

それと同時に皆様の歩む足音が谺するその時を笑顔で猫達と待っています

春はもうすぐ


f0011273_11183247.jpg


f0011273_1118483.jpg


f0011273_11191117.jpg


f0011273_11193819.jpg


f0011273_11195062.jpg


f0011273_11202264.jpg


f0011273_11214364.jpg

Top▲ | by kagetaroPhotolife | 2012-03-06 11:24 | つぶやき
| pagetop |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin